先日、物置から出てきたダンボール箱の中に【ガラスの仮面】が入っていたので読みました。

気に入った話のところだけ買っていたので酷い歯抜け状態なんですよ(笑)
初めて読んだのが小学校高学年の頃。
その頃は自分の持っている漫画を友達同士で交換して読むのが流行ってました。

怪奇漫画ばかり持ってくる子。
恋愛漫画ばかり持ってくる子。
その中でガラスの仮面を持ってきた子がいました。
すごく面白くて、次の巻が気になって仕方なかったのを覚えています。

歯抜けで買ったのは高校の頃。
社会人になってからコツコツと文庫本で(出ていた巻)全て買いそろえました。
紅天女の里へマヤと亜弓が行ってどうのこうの・・・って所らへんまで。

ですが本誌では休載が続いてまして、再開してもすぐに休載しちゃったりと、その間に熱も冷めてしまいました。
話に宇宙とか神秘とか出てきはじめて、こりゃあ私の頭では理解できなくなってきたなぁ(´д⊂)と続きを待つことも買うことも断念。

文庫本は全て売却しました。


あれから10年近く経っているけど、話はどうなっているんだろう?と調べてみたら、ほとんど進んでいない状態らしいんですよ(笑)
私が熱心なファンだったら発狂しそうだな。
あと何年待てばファンが納得するような最終回を迎えられるんでしょうかね? 





スポンサーサイト